サッカーの基礎練習を考える

基礎練習の反復がサッカーでは大事になります

サッカーをするに当たって必要となる基本的なトレーニング方法を紹介していきます。その第一歩としてボールの正しい蹴り方を学びます。サッカーにおけるキックの種類は多数あり、代表的なキックとして《インステップキック・インサイドキック・アウトサイドキック》などが挙げられます。まずこれらのキックを使い分け出来る様にトレーニングを開始していきます。これらはサッカーのする上で欠かすことの出来ない初歩的なキックなのでしっかりと練習して身に付けます。

 

また正確なボールコントロールを身に付け磨きをかけていくのも大切な練習です。ボールコントロール技術を向上させるにはリフティングが非常に効果的ですね。サッカーの練習ではストレッチと同じ様に必ずリフティングを行う時間を割いている事が多く、それによりボールコントロールの技術がアップし、正確なキック力を身に付けるのにも結果として繋がっていきます。それと、試合中では選手はドリブルを仕掛けていきますが、リフティングに劣らずこちらも大切な練習です。練習方法としてグランドをドリブルしながら駆け抜けたり、数人でグループを作って一緒に取り組むとより効果的ですね。同様にパス練習も欠かせない練習の一つです。サッカーの試合ではスルーパスやクロスなど効果的なパスからゴールシーンは演出される事が多い事もあってか、有能なパサ―はレギュラーとしてゲームを任される機会が多いです。加えて、失点してしまいそうな場面でもパスを繋げていくと危険回避が可能になったりと、攻守ともにサッカーのゲームではパスは多用されます。ポジショニングや実戦を想定しての考えたパス練習にもチャレンジしていきましょう。

 

それからヘディングの練習も忘れてはいけません。サッカーを始めたばかりの初心者の場合、頭を使うヘディングは恐怖感も手伝って不慣れな感覚を引き起こす場合もある様です。始めに苦手意識を植え付けさせない為にも、楽しみながらヘディング練習を行える様な創意工夫が必要でそれによって上達も早くなるでしょう。上半身を活用するスローイング練習なども必要で、何か一つに偏らないバランスのとれた練習メニューを考案し、サッカー技術を基礎からきちんと身に付けられる様に努力していきましょう。


ユニオンスポーツ サッカー・フットサル専門店

ユニオンスポーツ サッカー・フットサル専門店

アドセンス広告